【2024年最新】VR/メタバースのビジネスへの導入・活用事例

メタバースとVR、これらの言葉は今、ビジネス界で革新的な変化をもたらしています。

しかし、多くのビジネスパーソンがまだ「メタバース・VRとは具体的に何か?」「本当にビジネスに役立つのか?」と疑問を持っています。

この記事では、メタバースとVRの基本から、業界別の成功事例、導入する際の課題とその対策まで、幅広く解説します。

VR/メタバースとは?

メタバースとVRは、ビジネスの未来を形作る鍵として急速に注目されていますが、これらの用語はしばしば混同されます。

まずは、VR及びメタバースについて解説します。

VR(仮想現実)とは

VR(バーチャルリアリティ)は、ユーザーが完全に仮想環境に没入できる技術です。

専用のヘッドセットを通じて、360度のバーチャル空間にアクセスし、現実とは異なる体験を楽しめます。

ビジネスにおいては、VRは製品設計、医療訓練、不動産の内覧など、リアルな体験が求められる場面で活用されています。

メタバースとは

一方、メタバースの概念は、1992年のニール・スティーヴンスンの小説「スノウ・クラッシュ」に端を発します。

これは、現実とは異なる持続可能なデジタル環境であり、ユーザーはアバターを通じてこの世界に参加します。

「メタバース」は「超える(meta)」と「宇宙(verse)」を組み合わせた言葉で、「現実を超越した世界」を意味します。

ビジネス分野においてメタバースは、ブランディング、商品展示、顧客との新しいインタラクションの形態として利用されています。

メタバースとVRの違い

メタバースは「相互作用」と「持続性」を重視し、ユーザーがデジタル世界で生活する体験を提供します。

一方、VRは主に「体験」を重視し、特定の空間をリアルタイムで再現する技術のことを指します。

これらの技術は、ビジネスにおいて独自の価値を提供し、新たな顧客体験を創出し、市場の拡大に寄与しています。

ビジネスでVR/メタバースが注目されている理由

1.ソフト・ハードウェアの技術進化で新たな体験を提供可能に

近年、VRやメタバースを支えるソフトウェアとハードウェアの技術が飛躍的に進化しました。

例えば、Appleの「Vision Pro」やMetaの「Meta Quest 3」など、高速な処理能力を持つチップセットや、現実に近い体験を提供する高解像度のディスプレイを持ったデバイスが挙げられます。

これらの進化により、ビジネスマンはクライアントやチームメンバーとのコミュニケーションで、没入感の高い仮想空間を利用できるようになりました。

関連記事はこちら↓

2.市場規模の拡大がビジネスチャンスを生み出す

VRやメタバースの市場規模は、ここ数年で大きく拡大しています。

この市場の成長は、新しいビジネスチャンスを生み出しており、様々な業界で活用が進んでいます。

たとえば、イベント業界では、物理的な場所の制限や参加者数の制約なしに、大規模なバーチャルイベントを実施することが可能になりました。

これにより、世界中の参加者を繋ぐ新たなビジネスモデルが生まれています。

3.パンデミックがビジネスモデルの再考を促した

COVID-19パンデミックの影響で、多くの企業がリモートワークを導入し、ビジネスモデルのデジタル化を加速させました。

この変化は、VRやメタバースがビジネスコミュニケーションや協働において重要な役割を果たすようになったことを意味します。

例えば、仮想オフィス空間での会議や、チームでの活動などがあります。

これらのリモートワークツールは、チームの結束力を高め、生産性を向上させる一方で、地理的な制約を超えた柔軟な働き方を実現しています。

4.デジタルネイティブ世代が市場の主要な動力となる

デジタルネイティブ世代が消費者市場の大きな割合を占めるようになり、その影響力はVRやメタバースの普及にも大きく影響しています。

この世代は、新しいテクノロジーを積極的に受け入れ、オンラインでのコミュニケーションや体験を重視します。

ビジネスでは、この世代をターゲットにしたマーケティング戦略や、新しい顧客体験の提供が重要になってきています。

バーチャルショッピング体験や、メタバース内でのブランドイベントなどがその例です。

これらは、デジタルネイティブ世代の関心を引き、エンゲージメントを高めるための効果的な手段となっています。

VR/メタバース導入の3つのメリット

ここからは、ビジネスの現場にVR/メタバースを導入する3つのメリットをご紹介します。

1.コミュニケーションやチームワークが大きく効率化される

VRやメタバースの導入により、企業内のコミュニケーションやチームワークが大きく効率化されます。

従来のビデオ会議システムと比較して、VRはよりリアルな対面会議の体験を提供し、メンバー間の距離感を縮めることができます。

例えば、VRを活用した仮想オフィスでは、各メンバーがアバターを通じてコラボレーションすることで、アイデアの共有やプロジェクトの進行状況の確認が直感的に行えます。

このような環境は、チームメンバーのコミュニケーションを促進し、創造性や生産性の向上に寄与します。

2.顧客体験の革新とブランドイメージの向上

VRやメタバースは、顧客体験を一新し、ブランドイメージの向上に大きく貢献します。

特に、消費者が製品やサービスを体験する過程で、従来のオンラインショッピングでは不可能だった没入感やインタラクティビティを提供できます。

例えば、自動車メーカーがメタバース内で新車のバーチャル試乗イベントを開催し、顧客が実際に運転してみた感覚を得られるような体験を提供するケースがあります。

これにより、顧客の製品理解を深めるとともに、ブランドへの好感度やロイヤリティを高めることが可能になります。

3.リモートワークの充実と柔軟性の強化

パンデミックを契機に、多くの企業がリモートワークを導入しましたが、VRやメタバースの活用は、リモートワークをさらに充実させ、働き方の柔軟性を強化します。

VRを利用することで、自宅や好きな場所から、仮想オフィス空間に「出社」し、同僚とのコミュニケーションや協働がリアルタイムで可能になります。

このような環境は、従業員が生活と仕事のバランスを取りやすくし、メンタルヘルスの向上にも寄与します。

また、地理的な制約がなくなることで、企業は世界中の優秀な人材を採用することが可能になり、多様性とイノベーションの促進につながります。

業界別VR/メタバース活用事例

ここからは、業界別のVR/メタバース活用事例をご紹介します。

1.製造業界

【国内の事例:トヨタ

トヨタは東京オートサロン2023に合わせて、メタバースプラットフォーム「cluster」上で「バーチャルガレージby TGR/LEXUS」を開催しました。

このイベントでは、出展車両や映像などを仮想空間で自由に見ることができるほか、「お客様参加型モータースポーツ未来会議」などのコンテンツも用意されました。

【海外の事例:BMW

バーチャルとリアルを融合させた新感覚ドライビングシステム「///M Mixed Reality」を発表しました。

このシステムでは、VR/MRグラスを装着したドライバーが、実車「M2」をコントローラーとして仮想空間でドライビングを楽しめます。

レーシングゲームのようなゲーム要素や、現実とは異なる風景や障害物などが登場し、没入感や臨場感が高まります。

製造業界の活用事例について知りたい方はこちら↓

2.土木・工事業界

【国内の事例:株式会社つくし工房

つくし工房は、工事現場で起こり得る労働災害の抑止を目的としたVR教材「LookCa」を開発しました。

VRゴーグルを装着すると、墜落災害や重機接触災害など、様々な事故の状況や被災者の視点をリアルに体験できます。
これにより、安全に対する意識や危機感を高めることができます。

LookCaは、場所を問わずにVR体験が可能なスタンドアローンタイプを採用しており、操作も簡単です。

つくし工房は、安全ノウハウをVRコンテンツに盛り込んで、工事現場の安全教育の課題解決に貢献しています。

【海外の事例:フランスの土木会社Colas

Colasは、VRを使って工事現場での危険な状況や事故の状況を疑似体験できる安全教育を導入しました。

この教育では、実際の現場をモデルにしたバーチャル建設現場で、衝突災害や応急処置などのシナリオを体験できます。

新人やベテランの作業員の安全意識や危機感を高めるとともに、楽しく内容が身につくものになっています。

Colasは、この教育を他のインフラ企業とも共有することで、事故ゼロの目標に向けて貢献しています。

土木業界の活用事例について知りたい方はこちら↓

3.建築・建設業界

【国内の事例:東急建設

東急建設は、HoloLensというMRデバイスを使って、建物の完成イメージの共有や施工管理を行っています。

HoloLensを装着すると、現実の風景に3Dモデルが重ねられ、建物の外観や内装を仮想空間で見ることができます。

これにより、設計者や施工者、発注者などの関係者が共通の認識を持つことができ、施工品質の向上や無駄な手戻りの削減に貢献しています。

建築・建設業界の活用事例について知りたい方はこちら↓

4.不動産・住宅・リフォーム業界

【国内の事例:東急不動産

東急不動産は、複数人で同時に参加できるVRモデルルームを開発しました。

このサービスでは、VRゴーグルを装着した顧客や担当者が、仮想空間上に再現された物件を見たり、操作したり、コミュニケーションしたりすることができます。

これにより、現地に行かなくても物件のイメージを共有しやすくなり、反響率や成約率の向上に貢献しています。

【国内の事例:NTTコノキュー『NTT XR Real Support』】

NTTコノキューは、NTT XR Real Supportを用いて「技術伝承」「人手不足」「安全確保」等の課題を解決するMR技術を用いた遠隔支援ソリューションを展開しています。

HoloLens2とPC、iPadとPCで遠隔から指示ができるため、これまで現場に居なければならなかった作業員を減らすことができます。さらに、遠隔の1名が現地の2拠点を同時に支援する「並行支援」の実現により、人員削減・移動コスト削減など、さらなる効率化が可能です。

ビルや商業施設のメンテナンスの際に遠隔から支援ができ、人員の削減や生産性の向上に貢献しています。

より不動産業界の活用事例やサービスを詳しく知りたい方はこちら↓

【国内の事例:株式会社LIXIL

LIXILは、水まわりや建材の展示品を仮想空間で見ることができるサービス「バーチャルショールーム」を提供しています。

このサービスでは、PCでアクセスできるバーチャルショールームに入り、展示品の説明動画や特長を確認したり、測定ツールでサイズを測ったりすることができます。

また、予約なしで今すぐオンライン相談や、予約しておうちでゆっくり相談などのオプションも用意されています。

ショールームご来館前の下見や、遠方の方にも便利なサービスです。

不動産・住宅・リフォーム業界の活用事例について知りたい方はこちら↓

5.小売EC業界

【国内の事例:三越伊勢丹

三越伊勢丹が提供するメタバースアプリ「レヴワールズ」では、仮想新宿に再現された伊勢丹新宿店や他の商業施設を見たり、買い物したり、コミュニケーションしたりできます。

スマートフォンから24時間どこからでもアクセスでき、自分好みにカスタムしたアバターで仮想空間を楽しめます。

仮想店舗内の商品は、三越伊勢丹オンラインストアに遷移して購入できます。

また、マイルーム機能やアバター着せ替えアイテムなども充実しています。

【海外の事例:Ceek

アメリカ・マイアミを拠点とするCeekは、スウェーデンの大手アパレル会社H&Mのメタバースストア(コンセプト)を公開しています。

このバーチャルショップでは、VRゴーグルやスマートフォンでアクセスでき、店内を歩き回り、商品の3Dモデルや動画を見たり、CEEK通貨で購入したりすることが可能になることが予想されます。

H&Mは、このサービスで、メタバースの世界に新しい価値を創出し、顧客との関係を強化しようとしています。

小売業界の活用事例について知りたい方はこちら↓

6.スポーツ業界

【国内の事例:日本野球機構(NPB)

日本野球機構は、メタカープというメタバースプラットフォームを開発しました。

このプラットフォームでは、仮想空間に広島東洋カープの本拠地であるマツダスタジアムを再現しました。

メタカープでは、試合の観戦や選手のアバターとの交流などができます。また、メタカープのユーザーは、自分のアバターをカスタマイズしたり、他のユーザーとコミュニケーションしたりすることもできます。

メタカープは、カープファンのコミュニティを強化し、新たな収益源を創出することを目指しています。

【海外の事例:マンチェスター・シティ・フットボール・クラブ

マンチェスター・シティ・フットボール・クラブはソニーグループと協業して、仮想空間にエティハド・スタジアムをリアルに再現するプロジェクトを進行中です。

このプロジェクトでは、VRゴーグルやPCでアクセスできる仮想空間に、試合の映像やデータ、選手のアバターなどを提供し、世界中のファンがチームを身近に感じることができる体験を創出することを目指しています。

ソニーの画像解析技術やセンシング技術、ホークアイのトラッキングシステムなどを活用して、実世界と仮想空間を融合した次世代のオンラインファンコミュニティの実現に向けた実証実験を行っています。

スポーツ業界の活用事例について知りたい方はこちら↓

7.医療業界

【国内の事例:イマクリエイト

イマクリエイトは、VR注射シミュレーターというサービスを提供しています。

このサービスでは、VR内に表示される模型に従うだけで、筋肉注射の手順を感覚的に習得することができる研修用のサービスです。

座学や教材を用いた事前学習にシミュレーターを加えることで、手順の間違いや抜けを防ぐことが期待されます。

【国内の事例:日本IBMと順天堂大学

日本IBMと順天堂大学は「順天堂バーチャルホスピタル」というメタバースを用いた医療サービスの研究・開発プロジェクトを進行中です。

このプロジェクトでは、VRゴーグルやPCでアクセスできる仮想空間に、順天堂医院を精巧に再現し、患者や医療従事者が様々な体験やコミュニケーションを行えるようにしています。

医療業界の活用事例について知りたい方はこちら↓

8.観光業界

【国内の事例:株式会社あしびかんぱにー

あしびかんぱにーは、バーチャルOKINAWAというメタバースプラットフォームを提供しています。

このプラットフォームでは、VRゴーグルやPCでアクセスできる仮想空間に、沖縄の有名な観光地や特産品が再現されています。

バーチャルOKINAWAでは、沖縄の世界遺産や絶景スポットを見たり、沖縄出身のバンドやVTuberとのコラボイベントに参加したり、沖縄のグッズや食べ物を購入したりすることができます。

これにより、沖縄の魅力を国内外に発信し、新たな観光体験を提供しています。

【海外の事例:America Travel Factory, LLC.

America Travel Factory,LLc.は、アメリカオンラインツアーというサービスを提供しています。

このサービスでは、VRゴーグルやスマートフォンでアクセスできるバーチャルトラベルプラットフォームに乗り込み、アメリカの名所や観光地をリアルタイムで見学できます。

専門のガイドが現地の情報や歴史、文化について詳しく解説し、参加者同士のコミュニケーションもできます。

これにより、自宅にいながらまるで実際にアメリカを旅しているかのような臨場感を味わうことができます。

観光業界の活用事例について知りたい方はこちら↓

9.教育業界

【国内の事例:富士ソフト

富士ソフトは、教育メタバースであるFAMキャンパスを開発しました。

このサービスでは、生徒はアバターとしてバーチャル空間に再現された教育空間に通い、授業や自習、コミュニケーションなどの学習活動に取り組みます。

FAMキャンパスの目的は、オンライン授業で顕在化したコミュニケーション課題を解決し、生徒の学習意欲や競争心を高めることです。

【海外の事例:VictoryVR

VictoryVRは、メタバース上の大学を設立しました。この大学では、VRゴーグルを装着した学生が、メタバース空間に作られたキャンパスや教室にアクセスでき、様々な科目の授業を受けることができます。

この大学は、VR技術を活用して、高品質で低コストな教育を提供することを目指しています。

教育業界の活用事例について知りたい方はこちら↓

10.エンタメ業界

【国内の事例:ソニー

ソニーのXR仮想空間プロジェクト「ReVers3:x(リバースクロス)」は、ソニー・ミュージックレーベルズが独自に制作した仮想空間を舞台に様々なアーティストのライブを楽しむことができるショートライブプロジェクトです。

このプロジェクトでは、ソニーのボリュメトリック撮影スタジオやカメラ、Unreal Engineなどの最新技術を活用して、高精細な3D映像としてアーティストのパフォーマンスを再現し、仮想空間内での照明やVJ演出も行います。

【海外の事例:フォートナイト

フォートナイトは、世界最大のメタバースゲームとして、多くの音楽アーティストとコラボレーションしています。

例えば、米津玄師や星野源、ジャスティン・ビーバー、トラヴィス・スコット、アリアナ・グランデなどの有名アーティストが、フォートナイト内でバーチャルライブを開催しました。

これらのライブでは、ゲームの世界観に合わせた演出や、ゲーム内でのグッズ販売やアイテム配布などが行われ、数千万人の視聴者を集めました。

エンタメ業界の活用事例についてさらに知りたい方はこちら↓

11.美容業界

【国内の事例:ジャパンヘナ

ジャパンヘナは、インドからフェアトレードで直輸入したヘナを使った髪染めやトリートメントを販売する企業です。

同社は、メタバースベンチャーのUrth(アース)が提供する「V-air shop(ブイエアーショップ)」を利用して、仮想空間にVR店舗を構築しました。

このVR店舗では、商品の試用や購入のほか、インドのヘナ畑の映像や写真、3Dなどを美術館のように展示したり、アバター同士で会話したり、セミナーや講習会などのイベントに参加したりすることができます。

【海外の事例:PRADA

イタリアの高級ブランドPRADAは、フレグランス「Prada Candy」のリニューアルに際して、初めてバーチャルモデルキャンディを採用しました。

キャンディは、PRADAのウェブサイトやSNSで動画や写真として登場し、フレグランスの世界観やメッセージを伝えています。

さらに、キャンディはプラダのDNAである好奇心、アバンギャルド、個性を体現する新しい可能性へと誘うバーチャルミューズとして注目されています。

美容業界の活用事例についてさらに知りたい方はこちら↓

VR/メタバース導入時の課題と対策

メタバースとVRの導入には多くのメリットがありますが、同時にいくつかの課題も伴います。これらの課題に対処するための適切な対策を講じることが重要です。

1.技術的ハードルや初期投資が高い場合、クラウドやサブスクを利用する

VRやメタバースの導入には、高性能なハードウェアや専門的なソフトウェアが必要となるため、技術的なハードルと初期投資が大きな課題です。

特に、中小企業にとっては、このコストが導入の大きな障壁になり得ます。

この課題に対処するには、クラウドベースのVRサービスを活用することが一つの解決策です。

クラウドサービスを利用することで、高額なハードウェアの購入や専門的なソフトウェアの開発を避けることができます。

また、サブスクリプションモデルを採用することで、初期投資を抑えつつ、必要な機能を柔軟に利用することが可能になります。

2.セキュリティ対策とプライバシー保護を徹底する

VRやメタバースをビジネスで活用する際、セキュリティリスクとプライバシー保護は大きな課題となります。

仮想空間でのデータ交換は、個人情報の漏洩や不正アクセスのリスクを伴います。

この問題に対処するためには、セキュリティ対策を徹底する必要があります。

具体的には、エンドツーエンドの暗号化技術を利用してデータの安全性を確保する、定期的なセキュリティチェックを実施する、ユーザー教育を強化してセキュリティ意識を高めるなどが挙げられます。

また、プライバシーポリシーを明確にし、ユーザーに対してどのようなデータがどのように使用されるのかを透明にすることも重要です。

3.ユーザーが利用しやすい設計・サポート体制を整える

VRやメタバースの技術は、一部の利用者にとっては新しく、習得が難しい可能性があります。

また、新しい技術への抵抗感を持つ人も少なくありません。

この課題には、利用者への十分な教育とサポートが鍵となります。導入初期には、使い方のトレーニングセッションを提供する、直感的で使いやすいインターフェイスを開発する、ユーザーフィードバックを積極的に取り入れてシステムを改善するなどの取り組みが有効です。

利用者が技術を習熟しやすい環境を整えることで、VRやメタバースの導入をスムーズに進めることができます。

関連記事はこちら↓

まとめ

この記事では、メタバースとVRの技術が、製造から医療、教育、エンターテイメントに至るまで、多様な業界に革新をもたらしていることをお伝えしました。

今後、技術の進化とともに、メタバースとVRはさらにリアルな体験を提供し、ビジネスプロセスの効率化、顧客エンゲージメントの向上、新しい市場の創出といった点で貢献することが期待されます。

関連記事はこちら↓

AR・VR・メタバースの企画・制作・開発のご相談、承ります。

株式会社Forgersは、メタバース・VRに特化したサービス開発・コンサルティングをご提供しており、初回相談も無料で承っております。

これまでの事例としては、

  • ニトリ社の実店舗向けAR・MRアプリの開発
  • EC向けのAR/VRソリューションの提供
    • 導入実績:ニッセン、イトーキ、KASHIWAなど
  • 大手什器、BtoB家具メーカー向けのバーチャルショップの開発支援

など、数々の大手メーカー・小売事業者のAR/VR活用を支援しており、バーチャル店舗を中心とした開発、ユーザー体験設計に強みを持っています。

「自社のECサイトでAR/VR機能を活用したい」
「メタバースEC、バーチャルストアでの商品販売を検討している」

という担当者の方は、まずは初回無料で相談承っておりますので、

もし「話だけでも聞いてみたい」と興味がありましたら、こちらの「Forgers 」HPよりお問い合わせください。