【2024年最新】おすすめのAR/MR制作・開発会社10選

AR/MRの技術は、近年ますます注目されている分野です。

しかし、これらの技術とVRの違いや、どのような日本の企業がこれらの分野で活躍しているのか、多くの方々が疑問を抱いています。

この記事では、AR/MR技術の基礎から始め、優れた開発会社の選び方、注目すべき日本企業10社を詳しく紹介します。

また、開発依頼を考えている方々へ向けて、重要な依頼のポイントも解説します。

AR/MRの基礎知識

近年、デジタル技術の進化とともに、AR(拡張現実)とMR(複合現実)は注目を集めています。

これらの技術は私たちの生活やビジネスに革新をもたらす可能性を秘めていますが、多くの人々にとって、これらの概念はまだ新しく、特にVR(仮想現実)との違いが明確でないことがあります。

技術特徴
AR(拡張現実)実際の環境にデジタル情報を重ね合わせる技術
MR(複合現実)現実世界と仮想世界を融合させた技術
VR(仮想現実)完全に仮想化された環境に没入する技術

AR(拡張現実)とは

AR技術は、現実の環境にデジタル情報やオブジェクトを重ね合わせることで、ユーザーの現実感覚を拡張します。

スマートフォンやタブレット、専用のARメガネを通じて、現実世界の画像に仮想的な要素が加えられます。

例えば、スマートフォンのカメラを通して見ると、画面上には実際には存在しないオブジェクトや情報が映し出されるのです。

これは、教育、小売、ゲーム業界など多岐にわたる分野で利用されています。

MR(複合現実)とは

MRはARをさらに進化させた形態と言えます。

MRでは、現実世界とデジタル世界が融合し、仮想オブジェクトが現実世界の物理法則に従って動作します。

これにより、ユーザーは現実世界のオブジェクトと仮想オブジェクトの両方と対話することが可能になります。

MRの技術は、特に製造業、設計、医療分野でのトレーニングやシミュレーションツールとして有効活用されています。

関連記事はこちら↓

VR(仮想現実)とは

VR技術は、ユーザーを完全に仮想の環境に没入させます。

これは、ヘッドセットや専用のルームを使用して、視覚的および聴覚的に現実から隔離された環境を提供することにより実現されます。

VRは、エンターテイメントから教育、訓練まで幅広い用途で活用されており、ユーザーに全く新しい体験を提供します。

関連記事はこちら↓

https://forgers.co.jp/column/151

注目のAR/MR開発会社10社

ここからは、注目のAR/MR開発会社を10社ご紹介します。

1.株式会社Forgers

  • 会社概要: Forgersは、家具・小売業界や製造業界、通信業界など幅広い会社を対象にVR/ARアプリケーションやメタバース開発を支援している会社です。
  • 事業内容: 特にリアルタイムの3Dグラフィックスを活用したARアプリケーションの開発に強みを持ち、リアルなインタラクションを提供しています。
  • 開発実績: VR・メタバースショッピングアプリの企画・開発や、EC・小売店舗向けARサービス「RITTAI」を提供しています。

2.株式会社Psychic VR Lab

  • 会社概要: Psychic VR Labは、革新的なVR/AR技術を開発し、新しい価値を創出しています。
  • 事業内容: 自社開発のVR/ARコンテンツ制作プラットフォーム「STYLY」を通じて、アーティストやデザイナー向けに独自の表現空間を提供することが特徴です。
  • 開発実績: 国内外のアーティストとのコラボレーションによる多彩なプロジェクトを展開。

3.株式会社シナスタジア

  • 会社概要: シナスタジアは、AR・MR技術を活用したインタラクティブなコンテンツの開発に特化しています。
  • 事業内容: 複数のセンサー技術を組み合わせた独自のインタラクティブ体験の提供が強みで、エンターテインメントから教育、医療まで幅広い応用が可能です。
  • 開発実績: 自動運転走行時における自動運転用3Dマップと連動したARコンテンツの開発。

4.ナレッジワークス株式会社

  • 会社概要: ナレッジワークスは、AR・MR開発における実績豊富な企業です。
  • 事業内容: AR・MRシステムのカスタム開発に注力し、特に教育やトレーニング分野での実用的なソリューション提供に強みがあります。
  • 開発実績: 教育機関や企業研修プログラムでのAR・MRシステムの実装が多数。汎用ARアプリ「aug!」を提供。

5.株式会社MESON

  • 会社概要: MESONは、AR・MR技術を用いたクリエイティブなコンテンツ制作に注力している企業です。
  • 事業内容: デジタルマーケティングとクリエイティブな視点を組み合わせ、企業のブランディングや広告キャンペーンに特化したAR・MRコンテンツの制作が特徴です。
  • 開発実績: ユニークな広告やプロモーション活動でのAR・MRコンテンツ制作に成功。MRグラス「NrealLight」を使ったMRショッピング体験「PORTAL with Nreal」を提供。

6.株式会社ネクストシステム

  • 会社概要: ネクストシステムは、革新的なテクノロジーを駆使したソリューションを提供する企業です。
  • 事業内容: AR技術を活用したアプリケーションの開発に重点を置き、特に企業向けのカスタマイズされたソリューションを提供しています。
  • 開発実績: 様々な業界において、ARを活用したプロダクトやサービスを提供しており、特にビジネス向けアプリケーションの開発に強みを持っています。
AR仮想試着『VirtualFashion』

7.株式会社エムソフト

  • 会社概要: エムソフトは、デジタルソリューションの専門企業で、最新技術を用いたサービスを提供しています。
  • 事業内容: ARを活用したコンテンツの開発に加えて、VRや3Dグラフィックスなどの技術も扱っています。
  • 開発実績: 企業のプロモーション用のARアプリケーションやイベントでの活用など、幅広い分野での実績があります。
自動販売機設置シミュレーションARアプリ

8.株式会社Monsterlab

  • 会社概要: monsterlabはグローバルに展開するデジタルプロダクト開発会社です。
  • 事業内容: ユーザー中心のデザインと最新テクノロジーを融合した、革新的なデジタルソリューションの開発に特化しています。
  • 開発実績: 世界中のクライアントに対し、AR・MR技術を用いた高品質なアプリケーションの開発を数多く手がけており、そのクオリティの高さで高い評価を受けています。
ARを活用した故障診断アプリ『Kubota Diagnostics』

9.クラウドサーカス株式会社

  • 会社概要: クラウドサーカスは、企業向けに特化したAR・MRソリューションを提供する企業です。
  • 事業内容: 特に企業のプロモーションやブランディング向けのAR・MRコンテンツ制作に強みがあり、クリエイティブな視点を活かしたサービス提供が特徴です。
  • 開発実績: ARアプリ「COCOAR」/ウェブAR「LESSAR」などのARマーケティングツールの開発。

10.株式会社プレミアムアーツ

  • 会社概要: プレミアムアーツは、AR・MR技術を用いたエンターテイメントコンテンツの開発に特化した企業です。
  • 事業内容: ゲームやエンターテイメント業界向けのAR・MRコンテンツ制作において、ユーザー参加型のインタラクティブな体験提供が特徴です。
  • 開発実績: 「アニメキャラクター体験型ARゲーム」の開発により、新しいエンターテイメント形式を提案。商店街をガイドするスマホアプリ「新大久保Go」を企画・開発。

関連記事はこちら↓

https://forgers.co.jp/column/128

最適なAR/MR開発会社の選び方

日本国内には数多くのAR/MR開発企業が存在しており、その中から最適な会社を選ぶためには、いくつかの重要な判断基準を理解する必要があります。

1.過去の実績を確認することで、会社の経験値を把握する

選び方の第一歩として、開発会社がこれまでに手がけたプロジェクトの実績をチェックしましょう。

その会社がどのようなジャンルのAR/MRコンテンツに強いのか、大規模なプロジェクトを成功させた経験があるのかを確認します。

これにより、その会社の技術力や市場におけるポジション、専門性を把握できます。

例えば、教育用のアプリを開発してほしい場合、教育分野での豊富な実績がある会社を選ぶと良いでしょう。

2.技術力とクリエイティビティのバランスを見極める

AR/MR開発には、最先端の技術力だけでなく、ユーザーを引き込むクリエイティビティも必要です。

技術的な実力と創造的なアイデアの両方を持ち合わせているかをチェックしましょう。

例として、技術的に高度な機能を持ちながらも、使いやすさや楽しさを追求したアプリの開発実績がある会社は、高い技術力とクリエイティビティを兼ね備えています。

3.サポート体制とコミュニケーションの取りやすさも重要

最後に、開発中だけでなく、プロジェクト完了後のサポート体制も重要です。

開発会社とのコミュニケーションがスムーズに行えるか、質問やトラブルに迅速に対応してくれるかも、選定の重要なポイントです。

事前にサポートの詳細を確認し、自分たちのニーズに合った体制を提供しているかを見極めましょう。

AR/MR開発を依頼する際に準備しておきたいこと

ここからは、開発会社に依頼する際の重要なポイントを4つ解説します。

1.自社のビジョンや目的を明確にする

AR/MR技術の導入は、単に新しいテクノロジーを追求すること以上の意味を持ちます。

たとえば、あなたの会社が教育分野で事業を展開している場合、AR/MRを利用して「どのようにして学習体験を革新的に変えるか」が明確な目的となります。

これは、学生が歴史的な出来事をバーチャルな現場で体験することで、より深い理解を得られるようなプロジェクトにつながるかもしれません。

目的を明確にすることで、技術の活用方法が具体化し、効果的な開発方向性を定めることができます。

2.自社の技術やインフラを把握しておく

AR/MR開発では、高度な計算処理能力や特定のセンサー、そしてそれを支えるインフラが必要となります。

例えば、MRでリアルタイムに物理世界とデジタルコンテンツを融合させる場合、強力なグラフィック処理能力を持つハードウェアや、高速なデータ通信環境が不可欠です。

自社でこれらの条件を満たせない場合、外部のクラウドサービスやパートナーシップを検討することが求められます。

このように自社の現状を正確に理解することが、現実的な開発計画を立てる上で重要です。

3.内部調整を行なって共通理解を持つ

AR/MRプロジェクトは、多くの場合、複数の部署や専門分野が関わるため、事前の内部調整が欠かせません。

例として、マーケティング部門が顧客エンゲージメントを高めるためのARアプリケーションを考えている場合、IT部門はその技術的実現可能性を、財務部門は予算面からの支持をそれぞれ提供します。

この段階で、各部門間で意見を交わし、共通の理解と目標に合意することが、プロジェクトのスムーズな進行を保証します。

4.予算とスケジュールを立てておく

AR/MRプロジェクトの予算編成とスケジュール計画は、特に注意が必要です。

これらの技術は進化が早く、開発中にも新しいツールやプラットフォームが登場する可能性があります。

予算を計画する際には、開発だけでなく将来のアップデートやメンテナンスコストも考慮する必要があります。

また、技術的な困難や市場の変化に柔軟に対応できるよう、スケジュールには余裕を持たせ、定期的なレビューを行うことが重要です。

これにより、プロジェクトの目標を達成しつつ、時代の変化に対応する製品を開発することが可能になります。

まとめ

AR(拡張現実)とMR(複合現実)技術は、ビジネスと日常生活に新たな可能性をもたらす革新的な分野です。

本記事では、これらの技術の基本、優れた開発企業の選び方、そして開発依頼の際の重要ポイントを解説しました。

関連記事はこちら↓