【美術界のAR/VR/メタバース活用事例】それぞれの特徴や活用シーンを解説!

美術界に革命をもたらす新たなテクノロジー、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、そしてメタバース。

これらの先進技術が美術の世界にどのように影響を与え、新たな表現の可能性を開いているのでしょうか。

本記事では、これらの技術を活用している

  • ARアート
  • VRアート
  • バーチャルツアー
  • メタバース美術館

について紹介し、いかにしてこれらが伝統的な美術の概念を刷新し、芸術体験を豊かにしているのかを解説します。

AR/VR/メタバースの基礎知識

初めに、AR/VR/メタバースの基礎知識を解説します。

技術特徴美術界での活用シーン
AR (拡張現実)現実世界にデジタル情報を重ね合わせる技術美術作品や展示に対する追加情報の表示、インタラクティブなアート体験の提供
VR (仮想現実)完全なデジタル環境での没入体験を提供する技術バーチャル美術館のツアー、3Dアート作品の展示、没入型アート体験
メタバース継続的に存在する仮想空間での社会的・経済的活動バーチャル美術館の構築、デジタルアートの展示・販売、コミュニティ形成

AR (拡張現実)とは

AR技術は、現実の世界にデジタル情報を重ね合わせることで、新たな体験を提供します。

美術界においては、ARは展示物に対する追加情報を表示する手段として使われたり、アート作品にインタラクティブな要素を加えることができます。

例えば、スマートフォンやタブレットを通じて、絵画や彫刻に隠されたストーリーや詳細を探求できたり、視覚的な追加層を通じて作品との新しい形の対話が可能になります。

VR (仮想現実)とは

VRは、ユーザーを完全に異なるデジタル環境に没入させる技術です。

美術界では、VRはバーチャル美術館のツアーや3Dアート作品の展示に利用されています。

ユーザーはVRヘッドセットを通じて、実際には存在しない美術館を訪れたり、三次元で作られたアート作品を360度から鑑賞することが可能です。

これにより、地理的な制約を超えたアートのアクセスが可能になり、より多くの人々が豊かな文化体験を享受できるようになります。

メタバースとは

メタバースは、継続的に存在する仮想空間を指し、ここでは社会的および経済的活動が行われます。

美術界においては、メタバース内で完全に新しい形の美術館が構築され、デジタルアート作品が展示されたり販売されたりします。

また、メタバースはアーティストや観客が集まり、交流する場としても機能します。

美術界が抱える課題をAR/VR/メタバースで解決可能

ここからは、美術界が抱える課題について、以下の3つの主要な課題に焦点を当てて、詳細に説明します。

1.鑑賞の際に地理的・時間的制限がある

美術館やギャラリーは、特定の地理的な場所に存在しています。これは、遠隔地に住む人々や身体的な制約を持つ人々にとって大きな障壁です。

例えば、地方や島国に住む人々、または移動に制約がある人々にとっては、都市部や海外の重要な展示にアクセスすることは困難です。

さらに、展示スペースの限られたキャパシティや開館時間の制約も、多くの人々が芸術作品を鑑賞する機会を限定してしまいます。

一部の展示は、特定の時間帯や期間にのみ公開され、それに合わせて訪れることができない人々は、重要な芸術体験を逃すことになります。

2.「作品を受動的に見るだけ」が多く、主体性や没入感が乏しい

従来の美術展示では、観客は作品を遠くから鑑賞することが多く、直接的なインタラクションや没入感を得ることは難しいです。

特に現代美術では、観客の参加や体験が重要な要素となることがありますが、物理的な展示空間ではこれらの要素を十分に活用することはできません。

また、作品に触れることが許されない場合、特に子どもや実践的な学習を好む人々にとって、展示は受動的な体験に限定されがちです。

このような環境では、作品の持つ深い意味や美的価値を完全に理解することが難しくなります。

3.美術の魅力を広く伝えることが難しい

美術作品の背景知識や教育は、一般の人々にとって理解しづらいことが多く、美術の魅力を広く伝えるのが難しい現状があります。

特定の歴史的背景や文化的コンテクストを持つ作品は、その意義を理解するためには詳細な説明が必要ですが、この情報が展示会場で十分に提供されないことがあります。

また、美術教育はしばしば専門的で抽象的なアプローチに偏り、一般の人々、特に若い世代が芸術に親しみを感じる機会が限られています。

美術の理解を深めるためには、よりアクセスしやすく、参加型の教育方法が求められています。

以降の記事では、これらの課題を解決する可能性を秘めている、以下の4つのトピックについて説明していきます。

  • ARアート
  • VRアート
  • バーチャルツアー
  • メタバース美術館

ARアート

AR(拡張現実)アートは、現実の世界にデジタル要素を組み合わせることで、新しいアート体験を創出する技術です。

スマートフォンやタブレット、専用のゴーグルを使用して、現実世界に重ねられたデジタルイメージや情報を体験することができます。

この技術はアート体験において、観客に没入感やインタラクティブな体験を提供します。

ARアートの特徴

1. インタラクティブな要素によって記憶に残る体験を提供する

ARアートの最大の魅力の一つは、観客がアート作品と対話し、それに影響を与えることができるインタラクティブな体験です。

これは、美術界が抱える課題の1つである「体験の制限性」を解決します。

例えば、観客がタブレットを通してアート作品を見ると、作品が動いたり、色が変わったり、さらには新しいイメージが現れたりすることがあります。

このようなインタラクティブな要素は、観客により深い感情的な繋がりや記憶に残る体験を提供し、アートの解釈を豊かにします。

2. 作品の背景知識をAR表示することで教育にも役立つ

AR技術は、アートの教育的な側面を強化するのにも役立ちます。これは、美術界が抱える課題の1つである「教育および普及の難しさ」を解決します。

ARを使用することで、美術館や展示会では、アート作品の背後にある歴史やストーリーを視覚的に示すことができます。

例えば、絵画の中に隠された歴史的な背景や、画家の意図をARを通じて解説することが可能です。

これにより、観客は作品をより深く理解し、教育的な観点からアートを楽しむことができます。

3. 自宅や公共の場所でもアート作品を楽しむことができる

ARアートは、アート作品へのアクセスを容易にすることも大きな特徴です。これは、美術界が抱える課題の1つである「アクセシビリティの問題」を解決します。

AR技術により、物理的な制約を超えて、どこからでもアート作品を体験することが可能になります。

スマートフォンやタブレットを使用して、自宅や公共の場所でインタラクティブなアート展示を楽しむことができるのです。

これにより、地理的な制約や身体的な障害を持つ人々にもアートへのアクセスが広がり、より多くの人々がアートを享受する機会を得られます。

ARアートの具体的事例

Snapchat 草間彌生の世界観を体験できるARレンズ

Snapchatは、AR技術を駆使した「ルイ・ヴィトン×草間彌生」のレンズを発表しました。

この革新的なARレンズは、パリのエッフェル塔、ニューヨークの自由の女神、ロンドンのタワーブリッジなど、世界中の有名なモニュメントに草間彌生の特徴的な水玉模様をデジタル上に映し出します

Snapchatユーザーは、これらの都市を訪れた際にSnapカメラを通じて、草間テイストのモニュメントを体験できます。

詳細はこちら

VRアート

VRアートは、仮想現実(Virtual Reality)技術を用いた芸術表現を指し、3次元の立体空間や没入感ある体験を提供します。

観客はVR空間内でアート作品に没入し、作品の一部となることで、従来とは異なる新しいアート体験を享受します。

1990年代に存在していたものの、技術の限界から広く普及せず、2010年代以降、技術の発展により再び注目されています。

これは、美術界が抱える課題の1つである「体験の制限性」を解決します。

VRアートの特徴

1. 仮想空間での高い没入感によって新しい感動体験を生み出す

VRアートは、仮想空間での没入感と体験性が魅力です。従来の2次元アート作品と異なり、VRアートでは観客が立体的な空間で作品を体験できます。

音楽や効果音、香りを取り入れることで、よりリアルな体験が可能になります。

この没入感は、アート作品との新しい関わり方を提供し、観客に深い感動を与える可能性を秘めています。

2. 物理法則に縛られずに自由な表現ができる

VRアートでは、現実の物理法則に縛られない表現が可能です。空間の変形、光や音の自由な操り、視点の変化による新たな発見など、表現の幅が大きく広がります。

この自由度により、アーティストは従来の手法とは異なる新しい表現方法を模索できます。

また、観客には現実では得られない没入感や臨場感を提供し、新たな感覚的な体験を可能にします。

VRアートの具体的事例

せきぐちあいみ 「Alternate dimension 幻想絢爛」

クリーク・アンド・リバー社所属のVRアーティスト、せきぐちあいみ氏は、NFTアート作品「Alternate dimension 幻想絢爛」をオークションサービスOpenSeaで出品し、約1300万円(69.697ETH)で落札されました。

せきぐち氏は、国内外でのVRパフォーマンスを通じて、VRアートの普及に努めており、2017年には世界初のVR個展開催のためのクラウドファンディングに成功しました。

この成功は、デジタルアート業界全体においてNFTの活用が新たな可能性を開くことを示唆しており、せきぐち氏は、想像力を刺激する新たな世界をVRを通じて創造していくことを目指しています。

詳細はこちら

バーチャルツアー 実在する美術館をVRで再現

バーチャルツアーは、VR技術を使用して実在する美術館や展示を仮想空間に再現することです。

この技術により、世界中どこからでも、有名な美術館やアート展示を訪れることが可能になります。

これは、美術界が抱える課題である「アクセシビリティの問題」や「教育および普及の難しさ」を解決します。

スマートフォンやタブレット、VRヘッドセットを通して、ユーザーはまるで現地にいるかのようなリアルな体験を得ることができ、アート作品を新しい視点から楽しむことができます。

バーチャルツアーの特徴

1. どこからでも世界中の美術館にアクセスすることができる

バーチャルツアーの最大の特徴は、地理的な制約を克服し、世界中の美術館や展示にアクセスできることです。

VR技術を使えば、遠く離れた国の美術館や、訪問が困難な場所にあるアート展示を仮想的に訪れることができます。

これにより、地理的な障壁を越えたアートの鑑賞が可能になり、より多くの人々が世界のアートを楽しむ機会を得ることができます。

2. 文化を学ぶ教材として手軽に利用できる

バーチャルツアーは教育的および文化的な価値も強化します。

学校や教育機関は、VR技術を利用して生徒たちに実際に美術館を訪れる経験に近い体験を提供できます。

また、異なる文化的背景を持つアート作品に触れることで、多様な文化への理解と敬意を深めることができます。

このような体験は、アートの意義を広め、教育の可能性を大きく拡大します。

バーチャルツアーの具体的事例

ルーブル美術館

ルーブル美術館は、オンラインでそのコレクションのほとんどを公開しているバーチャルツアーを提供しています。

2021年春に開始されたこのサービスは、ルーブル美術館と国立ウジェーヌ・ドラクロワ美術館から集められた絵画、版画、スケッチ、オブジェ、彫刻などの膨大な数の作品を、完全無料でオンライン上で鑑賞できるようになっています。

このバーチャルツアーには、作品のズーム写真や作家の説明文など、さまざまな情報が提供されており、まるで美術館内を実際に歩いているかのように部屋の展示物情報を見ることができます。

ルーブル美術館のバーチャルツアーは、実際に訪れることができない人々にも、世界最高峰の美術コレクションをオンラインで楽しむ機会を提供しています。

ルーブル美術館 バーチャルツアー はこちら

メタバース美術館 全く新しい美術館をメタバース上に構築

メタバース美術館は、デジタル世界における完全に新しい形の美術館です。

伝統的な美術館の概念を超えた体験を提供します。また、メタバース美術館では、NFT(非代替性トークン)を利用したデジタルアートの展示や売買が行われています。

これは、美術界が抱える課題である「アクセシビリティの問題」や「体験の制限性」を解決します。

メタバース美術館の特徴

1. 物理的制約がないため創造の幅が大きく広がる

メタバース美術館は、物理的な制約から解放された空間において、無限の創造性を実現します。

この空間では、従来の美術館では考えられなかった形状や構造の建物を創造することが可能です。

また、仮想空間における展示は、新しい形のアート作品の提示や、インタラクティブな体験の提供に貢献します。

このような環境は、アーティストにとって新たな表現の場を、観客にとってはこれまでにない感覚的なアート体験を提供します。

2. NFT活用によってアート市場の透明性と信頼性が高まる

メタバース美術館では、NFT技術を活用したデジタルアートの展示と売買が行われています。

NFTはデジタルアートの希少性と所有権を保証し、アーティストやコレクターにとって新しい市場を開拓します。

観客はメタバース内でデジタルアートを購入し、その所有権をブロックチェーン上で確認できます。

この透明性とセキュリティは、デジタルアート市場の信頼性を高め、新しい形のアートコレクションを促進します。

3. グローバルなコミュニティ形成によって文化的多様性を促進する

メタバース美術館は、世界中のアーティストやアート愛好家が集う場所となっています。

異なる文化や背景を持つ人々が仮想空間で出会い、アートを通じて交流することができます。

このグローバルなコミュニティは、文化的な多様性を促進し、アートの国際的な理解を深めます。

また、メタバース内でのイベントや展示は、アートの新しい楽しみ方を提供し、世界中の人々を繋げる強力なツールとなっています。

メタバース美術館の具体的事例

山梨県立美術館メタバースプロジェクト

山梨県立美術館は、新たなデジタルイニシアティブの一環としてメタバースプロジェクトを立ち上げ、2023年2月28日に本格稼働を開始しました。

第一弾として、山梨県出身の現代美術作家たかくらかずき氏の新作品「メカリアル」展を仮想空間と現実世界の両方で展示します。

この展示は、仮想空間と現実世界の統合を通じて、新しい感覚の展示体験を提供することを目指しています。

展示は、Psychic VR Labが運営するプラットフォーム「STYLY」で公開され、スマートフォン、タブレット、PC、VR機器など多様なデバイスからアクセス可能です。

また、美術館内にはVR機器等を導入したメタバース体験コーナーが設置されています。

詳細はこちら

今後の美術界でのAR・VR・メタバース活用の展望

ここからは、今後の美術界がAR・VR・メタバース活用によってどのように変化していくのかを考察します。

1.個人の鑑賞履歴に応じた展示ガイドが行われる

未来では、AR技術がさらに進化し、美術館訪問者にパーソナライズされた展示ガイドを提供することができるようになります。

訪問者の興味や過去の鑑賞履歴を分析し、それに応じた作品や情報をARデバイスを通じてリアルタイムで提示します。

例えば、特定の芸術家や時代に関心がある来館者には、そのテーマに沿った作品がハイライトされ、作品の背後にある物語や歴史的背景が語られます。

このようなシステムにより、各来館者に最適化された、より豊かで個人的な芸術体験が実現されます。

2.メタバース上で仮想展覧会が開催される

メタバースの発展により、美術館は物理的な空間を超えた仮想展覧会を開催することができるようになるでしょう。

この仮想空間では、実際に存在する作品はもちろん、現実では実現不可能な架空の作品や、過去に失われた名作も展示されるようになります。

来館者は、アバターを通じて世界中の他の訪問者と交流しながら、現実には存在しない驚異的な芸術体験を味わえます。

まとめ

この記事では、美術界におけるAR /VR/メタバースの活用事例とそ れぞれの特徴について解説しました。

この記事が、美術界においてAR/VR/メタバースを導入する際の参考になれば幸いです。

関連記事はこちら

AR/VR/メタバースの企画・開発のご相談、承ります。

株式会社Forgersは、家具・小売業界や製造業界、通信業界など幅広い会社を対象にVR/ARアプリケーションやメタバース開発を支援しており、

・オンラインショップへの3D/AR実装支援

・3D/ARを用いたインタラクティブなデジタルカタログの開発

・メタバースショッピングアプリの開発

・3D/VRのリアルタイムレンダリングシステムの開発

などを行っております。

ゼロベースでのご相談でも企画立案・調査からご支援致しますので、少しでもご関心がある企業担当者様は、是非一度当社ホームページ(https://forgers.co.jp/)からお問い合わせ下さい。

初回相談は無料で承っております。